HOME > 事業担当者のご挨拶

事業担当者のご挨拶


櫻井理事

 文部科学省の「地(知)の拠点整備事業」に採択されました「高知大学インサイド・コミュニティ・システム(KICS)化事業」が平成25年度からスタートしました。
本事業は、学長のリーダーシップの下、地域を志向した大学として、大学のガバナンスの改革を実施し、地域の声を受け止める体制の整備を行い、教育カリキュラム・教育組織の改革を実施する一大事業です。
 「高知大学インサイド・コミュニティ・システム(KICS)化事業」は、高知県が設置する産業振興推進地域本部にサテライトオフィスを併設し大学教員(UBC:高知大学地域コーディネーター)が常駐し、地域産業振興監・地域支援企画員との連携による新たな課題解決体制の構築を行います。UBCの主な役割は、地域の課題を大学に繋いで「地域志向」の教育カリキュラムの構築を促進し、他方で大学の研究シーズを地域課題解決につなげることです。
 本事業を効果的に遂行するためのガバナンス改革として、「高知県地域社会連携推進本部」を新設しました。この本部会議では、高知県の地域産業振興監・地域支援企画員と本学UBCとの間の情報共有を図りつつ、高知大学と高知県の重要課題を協議します。それを受けて、学内に設置した学長直轄組織「国際・地域連携推進機構」において、各種協働事業の吟味を行ったうえで、学内周知を図り、地域志向教育研究経費等をインセンティブとして活用しつつ解決を図るという、機動的、効果的、かつ重層的な、課題解決のための仕組みを整備しました。
 また、「地域再生の核となる大学(COC=Center of Community)、総合的教養教育の実現、再編成、専門職業人の育成強化」の改革方針のもと、平成27年度に地域協働学部の新設並びに、既存学部の全学的改組に向けて教育組織の改革に取り組んでいます。
 本事業の運営を実質的に総括する事業実施担当者としては、本事業は本学の今後の命運を左右する重要なものと認識しています。
 皆様の温かいご支援、ご協力をお願いいたします。

国立大学法人 高知大学

理事(総務・国際担当)

KICS化事業実施担当責任者

櫻井 克年